🗐 THE 電卓 藤堂俊介がこっそり書くブログのようなもの

計算機にまつわるブログ。

No.828

NO IMAGE
電卓は何をする道具
ここで扱う電卓は一般電卓。文具店、電器店、それに百均で容易に手に入る電卓を指します。

題名を見ると決まっているではないか計算だ。そうです計算です。ゲームや時計、楽器のようにできるのもあります。あるいは形を変えて定規になったものまで。それはおまけ。できることは数字キーを押して+−×÷のキーを押して数字キーを押して=キーを押して答えを表示させる。それのみできる製品です。

%や√、Mと刻印したキーがあるではないか。それも計算に使うためです。

それでは電卓(一般電卓)はどのような計算ができるでしょうか。

+−×÷を《(四則)演算子キー》といいます。電卓は、先に入力した数値のあとに演算子キーを押し、次に入力した数値を入力し=を押して答えを求めるのが基本です。

連続計算もできるではないかと言われるでしょう。できるように見せているだけです。

例えば、1+2+3=?を計算する問題があったとします。1+2と操作したあとに+を押すと画面に何か表示されてでしょうか。3が表示されましたね。1+2+と操作した段階で1+2=とみなして3が表示されます。次に3を押して=を押すと3+3=6になります。

連続した加減算のみまたは乗除算のみの計算はこの仕組みで十分です。問題は加減乗除が入った計算です。

数値、演算子、数値、=が基本ですから、2+3×4=を操作すると20と誤った計算になります。一般電卓には演算子の優先順位がないから使えないと早合点してはいけません。2+3×と操作した段階で2+3=が実行されて5になります。次に4=とする5×4=となって20となります。

数値、演算子、数値、=が基本ですから演算子の優先は不要です。加減乗除が含まれている計算は人が判断して操作する必要があります。

%と√はどういう動きをしているかといえば、まず√から説明すると、数値、√、=を実行しています。中学校で平方根を習ったと思います。正の数値aの平方根はプラス・マイナスaです。電卓は2つの数値を同時に表示できないものが大多数ですから、正の値を出しています。先に√を押すようにしたいとなれば、√、数値、=という作りにしないといけません。

次は%です。これは百分比を求めるためにつかいます。ただ、電卓メーカーによって動作が異なっている部分がありますから別の機会とします。





20240114121437-admin.jpg

■番組一覧

なんぞねっと

長崎交通研究会

仲良し三人組

nanzo.page(藤堂俊介のブログ)

藤堂俊介のTumblr

藤堂俊介のくるっぷ

中園直樹公式サイト

ザ・電卓

平成ネット史外伝

続・オヒ!の殿堂(特別編)

公式ツイッター



開設日:平成12年 3月 1日
新 装:平成28年 5月25日
改 装:令和 3年12月18日
更新日:令和 5年12月 9日

編集

■複合検索:

  • 投稿者名:
  • 投稿年月:
  • #タグ:
  • カテゴリ:
  • 出力順序:

■ハッシュタグ:

■日付検索:

■カレンダー:

2024年1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

■カテゴリ:

■最近の投稿:

最終更新日時:
2024年2月11日(日) 11時32分35秒